【芸能】残り2か月で飛び出した嵐・大野「お忍び愛報道」とファンの不安 #はと [首都圏の虎★]

アラフェスを目前に控え、ファンのボルテージは高まるばかりなのだが、そんななか10月22日の発売の「週刊文春」(文藝春秋)が興味深い記事を掲載した。リーダーの大野智が長い間、幼い子を持つシングルマザーの美女と“お忍び交際”していたというのだ。

大野は女性を同じマンションに呼び寄せ、互いの部屋を行き来。現在は関係を清算したそうだが、大野が切り出したと言われる嵐の活動休止にも彼女の存在があったという。

「嵐の活動休止は大野さんの意向が強く反映されている。もともと『アイドルは向いていない』と考えていた彼が、流れで21年もやったという印象。コロナで予定していた4月の北京コンサートが中止となり、一部では活動休止の1年先送りもウワサされましたが、ありえないでしょう。いま頑張れているのは、『来年から自由になる』という気持ちに支えられているから、とも見れるわけです」(事情を知る芸能プロ関係者)

同誌では釣りが趣味の大野が、沖縄の離島に足繁く通っているとも書かれている。現地の目撃談はかねてからあり、大野にとって人目につかない沖縄がお気に入りであることは間違いない。

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA